2023年9月14日木曜日

ツナミシェルター・ネット


はじめに
平成23年3月11日の東日本大地震による津波の被害は恐るべきものでした。
当社も4月18日〜19日・5月12日〜14日の2度にわたり現地に入り、予想以上の津波被害の脅威を視察してまいりました。
住宅業界に対しては今までの『耐震』の対策だけでなく、『津波』の対策という要望・課題が一気に寄せられるようになってきています。しかし、業界も津波対策という点ではまったくというほど考えられていないのが実状です。
今回の地震でもあったように、地震発生後早い場所では数十分で10m規模の大津波が押し寄せ4m以上の津波で木造住宅はほとんど流失してしまう実状です。
私達はその教訓を活かし、瞬時の判断で津波以上の高台や堅固で高い建物などに避難する事が一番だと言えるでしょう・・・
しかし、「逃げる場所が近くにない」・「身体が不自由で早く逃げられない」・「津波が来るのか来ないのか判断が遅れる」という方々が多く想定されます。
そのような方は 社会の防災インフラ整備はあてにならなく個々での対策が必要になってきます。
地震に強く「安心・安全・快適」な建物を創り、社会貢献する事を理念とする我社は重量鉄骨造の建設ノウハウを活かし命と財産を守る津波シェルターの開発に取組む事としました。
平成23年9月14日    
池田建設株式会社   








-