2012年9月21日金曜日

静岡県 住まい博2012 レポート3

『静岡県住まい博2012』 多数の皆様のご来場、ありがとうございます。
盛況のうちに終了いたしました 『静岡県住まい博2012』でしたが、
楽しんで頂けたでしょうか?
     
『重量鉄骨』 と 『津波シェルター』 をアピールさせて頂いた私達のブースでしたが、
その頑固な『重量鉄骨』 を支える 『耐震基礎』の秘密を、
住まい博の他のブースで 見る事が 出来たんです。
  
地下1メートル以上も掘って造られる『耐震基礎』。
その『耐震基礎』を支える 鉄筋工事を実際に請け負ってくださっている、
『静岡県鉄筋業協同組合』さん です。
 
 写真に写っているのは、石原鉄筋の石原社長。
 写真を撮らせてください!といって ポーズを取っていたら、
 電話がかかって来て、ご覧のポーズに。
 ほんとに 忙しい社長さんです。
 
 新東名高速道路 橋脚柱の鉄筋がミニチュアサイズで組まれています。
 ミニチュアですが、すごい迫力
 
 ・・・こちらは、鉄筋を加工して造られた オブジェ。
 ちょっと写真が見にくいですが、 帆船、龍からキングギドラまで。
 どれも、職人さん達が、仕事の合間に造った 力作 達です。
 とっても 元気と熱気が溢れていた ブースでした。 
 その元気が、私達の『耐震基礎』の源になっているんです。
 鉄筋業者の皆様、いつも ありがとうございます。 

0 件のコメント:

コメントを投稿